連綿と続く喫茶の文化に、

​新たないのちを。

五感を駆使して亭主と客の粋なコミュニケーションを育んだ日本の喫茶文化は、インタラクティブな

インスタレーションともいえます。

日本の文化をリードしてきた京都で「喫茶の道具を見直すきっかけにしたい」と、かつて煎茶の普及に

努めた南画家の田能村直入の寓居跡にあるギャラリー左右では、喫茶の場で使う器物のコンテストを

毎年、開催します。

新たな才能や視点に出会いたい。

​私たちの思いに共感してくださる方のご応募をお待ちしています。

審査員のご紹介

前﨑 信也氏 <美術工芸研究家・京都女子大学准教授>

2000年龍谷大学文学部史学科卒業、ロンドン大学SOAS留学、博士号(中国美術史)取得。

米国クラーク日本芸術研究所ピーター・ドラッカー・フェローシップ、中国留学等を経て
09年ロンドン大学で博士号(日本美術史)取得。15年より現職。
同年からグーグルと共同で「Made in Japn:日本の匠」プロジェクトに携わる。

京都市立芸術大学芸術資源研究センター、立命館大学アート・リサーチセンター研究員などを兼務。

 

中山福太朗氏 <茶人・会社員>
聖徳庵Jack Convery宗好氏に師事。裏千家茶道を学ぶ。
自身の茶の活動として2009年「茶の湯集団 鴨ん会」を結成、13年に「陶々舎」立ち上げに参加。

先人たちのこころや形、感覚を受け継ぎながら、今に接続する茶の湯のあり方を具現化する茶人である。

 

佃 梓央氏 <煎茶家・一茶庵宗家嫡承>
一茶庵宗家 佃一輝に師事。和泉市久保惣記念美術館「楽しい煎茶会」などで茶席を担当。

泉屋博古館「文房具と煎茶」展の監修、グランフロント大阪ナレッジキャピタル超学校「『集まり』と

『交わり』の文化論」をコーディネート。G20大阪サミット2019「配偶者プログラム」で茶事を務める。