北村隆浩さん.JPG
【​大賞】
茶杓・共筒 『余光』北村 隆浩

生命の形とは存在する形と消滅する形の間に漂っています。
消え逝く形の欠片に命の儚さと強さを感じるのは私自身も

その間で生きる者としての命が共鳴しているのではないかと

感じます。「余光」の茶杓と筒から繋がる物や人や景色や

未来に送る眼差しが慈しみを纏いそれこそが生活の中で自分自身の命を体感する道具になればと思っております。

「余光」とは日が暮れてなお残っている光のこと。
筒に茶杓を収めると道具としての茶杓の存在も筒の存在も

薄れていきます。ただそこには残された命の形が存在している

だけとなります。(北村氏 出品表より一部抜粋)

DSC05424.jpg
【入賞】
水指「水面」 太田 勲 

茶の席に自然の質感を持ち込みたいと考えて作りました。

題材は池。水の荒々しさと静寂、その中で生きるモノの芽吹きを
表現しました。
人と自然とのかかわりを思うきっかけになれば幸いです。

(太田氏 出品票より一部抜粋)